受験期にテレビを控える理由

受験生はストレスが多いので、テレビを見てホッと一息つきたいものです。

しかし、残念ながらテレビの見過ぎはいけません。受験生で毎日テレビを何時間も見ている人はいないと思いますが、そのような生徒は受験自体やめたほうがいいでしょう。

超テレビっ子も受験期に入ったら、自覚を持って、気持ちを切り替えたほうがよいでしょう。毎日の生活習慣からは完全に排除するべきです。

帰宅してテレビつけて、寝っ転がってテレビ見て、ゲラゲラ笑って、寝る前にテレビを消して寝る・・・みたいな習慣だけは止めて下さいね。

受験期に入る前に徐々に受験期に備える為に「禁テレビ」に何度も何度も挑戦するのも良いかもしれません。それでも無理な場合は、受験期は「テレビそのものを家に置かない」という強硬かつシンプルな手段を摂るのもおススメです。毎日主体的に時間をコントロールできるので超快適です。

良くテレビをみる生徒からしたら、受験期テレビをみれなくなるのは、かなりストレスかと思います。

受験期のストレスを感じたら、「ドクターデキスギ(Dr.Dekisugi)」を飲んで、ストレス解消して、集中力アップを図りましょう。

「ドクターデキスギ(Dr.Dekisugi)」、学力アップ、受験勉強