食欲が感じるとき

お腹がすいた、何か食べたい。そんな感情は大脳で感じています。
そして私たちの食欲は摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされています。

なぜお腹がすくのでしょう。それはこの摂食中枢が血糖値が低くなったり、胃が空っぽになると、収縮することによって引き起こされる症状で、食欲となって感じるわけです。

そして、食事をすることによって、胃の中に食べ物が入ると、この収縮された胃がまた伸びて血糖もあがります。

そして満腹中枢が刺激されて、満腹になったと感じます。

時に、おいしそうなものを見るだけでも、お腹が空いたと感じることはありませんか?
だれかが調理を行っている、お店の前を通るとおいしそうな匂いがしてくる、それだけで食欲は湧きます。

よくおなかがグーっと鳴ることもあるかと思います。恥ずかしいと思う必要はありません。
これも自然の原理なのですから。

空腹になると胃が収縮されますが、その時に煽動運動が活発になります。胃の中の空気が押し下げられ、上に戻るときに音を発生してしまうのです。

 

花粉症 酵素