メタボと男性更年期の関係

ちょっと意外な感じがするのですが、勃起障害とメタボって関係があるようなんです。

国際勃起機能障害スコアというものによると、メタボとEDというのは相反する関係があると言われているらしいです。

また、心筋梗塞や狭心症などの心疾患に罹患した男性患者さんのうちの70%弱が発症の3年ほどまえにEDを自覚していたというデータが報告されていました。そのデータが出た数年後には心疾患患者のほぼ全員が2,3年前からEDであったなんて話も報告されているようです。

ですので、EDを自覚したあとに心疾患になる可能性というのはかなり現実的に起こってしまうようなんです。
これはなぜかというと、メタボというのは太っているだけでなく、血管がドロドロになっている状態。
よってメタボになると動脈硬化がどんどんひどくなってしまうということなのです。
男性更年期障害の症状の一つであるEDは動脈硬化というものがやはり大きな原因であるといわれています。

50過ぎると弱くなる・・・これは実は動脈硬化が原因なのかもしれませんね。

タウリンサプリ