両親の助け

よく言う話しですが、生きていて辛い事ばかりがずっと続くわけでもない。
楽しい話しも沢山あるという事です。

良い事も今年は沢山ありました。
それは母のおかげでもありますし、はっきり言って、父にも経済的に助けてもらって、母にも精神的に助けてもらいました。
30代半ばが思うことは、恩返しって
どこまで出来るのかは分からないですが、優しく誠実に親が嬉しがる事をすると良いのかもしれません。

それって、我が儘し放題だった自分も、少し道を変えて考えた方が良いのだとも思っています。
あくまで、お金も親や、困っている人のためです。
生活資金は、無理がなければそれでいいと思っています。

普通の人生を送っていく中で、お金はいくらか貯まっていきます。
財閥はそこに特化したのだと思いますが、普通に生きている人は、40にカウントダウンが近づくに連れて、金より他に楽しみを見つけるのかもしれません。
その基本を今自分は作っているのですけどね。
まずは結婚しないとなぁ。白衣コンの活動をがんばろう。