逆走

高速道路での逆走対策について、国土交通省はロードマップをまとめた。逆走は、ほぼ2日に1回の割合で発生していて、逆走車両だけでなく、普通に走行している車両も巻き込まれる事故が発生している。

国交省では、昨年11月に2020年までに高速道路での逆走事故ゼロをめざす目標を公表していた。対策の方針、進め方について検討を進めている。道路側、運転者側、自動車側それぞれからハード・ソフト面で逆走対策を実施していく。注意喚起標識などの視覚に訴える対策や、ラバーポール設置などの物理的抑止対策、カーナビを活用した逆走車両への警告、目的ICを行き過ぎた際の行動方法を周知するという。2018年度には、カーナビやETCなどの既存のインフラの活用や、逆走車両への警告、注意喚起手段を開発するとしている。逆走の車が突然前から走ってきたら、どうしていいかわからない。ましてや、高速では回避するのは難しいかもしれない。逆走してしまう車が減ることを願うばかりだ。